暮らしと住まいに、密着する総合企業「ワイグッドホールディングス」グループ

高齢者住宅・有料老人ホームでの土地活用のメリット

こんな悩みを抱えているあなた
まずはご相談ください。

  • 活用しきれてない遊休地を活用したい。
  • 将来の年金資産を作りたい。
  • 田や畑の再開予定のない休耕地を活用したい。
  • 不労所得を得たい。
  • 毎月の所得をUPしたい。
  • アパートやマンションでの土地活用以外の活用をしたい。
  • 固定資産税ばかり払っていて何とかしたい。
  • 青空駐車場を経営しているがもっと利回りをよくしたい。
  • 農業をしているが後継者不足で悩んでいる。

介護施設による土地活用のメリット

安定した収入を得ることができます。

現在の高齢者人口や、要介護者人口に比べ、高齢者向けの住宅が不足している。
またお客様のご要望に沿った有料老人ホームなどが不足しているため、入居を希望する高齢者やそのご家族様の需要が増加しています。
このような需要の増加に伴う高い入居率が見込めますので、長期的に安定した収入を得られます。
現時点でも高い需要が存在していますが、今後ますます需要が増えてきますので、安定的な入居率による安定収入が得られます。

どんな立地でもほとんど対応できます。

高齢者住宅や有料老人ホームでの土地活用は、景気に左右されることがなく、安定した収益が得られます。
また、立地に関しても駅に近くないと絶対にだめ、商業立地でないとだめといった大きな制限がなく、建設することができます。
例えば、オフィス・商業施設での活用は高い収益を生むことが可能な反面、景気の影響により、収益にもブレが発生する可能性があります。
その点、高齢者用住宅は、立地的に限定されるといった影響を受けることが少なく、比較的どのような立地にも対応しやすいといえます。

固定資産税や所得税などの税制面での優遇を受けることができます。

高齢者住宅や有料老人ホームでの土地活用に関しては、様々な税制優遇を受けることができます。
例えば、サービス付高齢者向け住宅では、所得税に関して、1戸あたりの床面積が 25㎡(専用部分のみ)以上で、戸数が10戸以上の建物であれば、減価償却を5年間にわたって、40%※割増償却できます。
また、土地の固定資産税に関しては「住宅用地の課税標準の特例措置」により「課税標準額」が3分の1に軽減されます。

※耐用年数35年未満の建物は、割増償却28%になります。

事業拡大や新規事業開拓に最適です。

高齢者住宅・有料老人ホームでの土地活用や投資は、安定的な収益を残すことができますので、事業拡大を検討されている法人、個人の皆様、新規事業開拓を検討している法人、個人の皆様にとっては最適な手段となります。
土地がない場合は、ご予算に合わせた土地を探すことができますし、介護運営事業者もご紹介することができます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県での土地有効活用はお任せください

ご相談・お問合せに関してはどんなことでも結構です。
お気軽にご相談ください。

登録会員様募集