暮らしと住まいに、密着する総合企業「ワイグッドホールディングス」グループ

高齢者住宅・有料老人ホームでの土地活用が望まれる背景

高齢者人口の増加が急速に進む昨今、健康的な生活を維持できない
要介護単身者や老々介護の世帯が比例して増加しています。

現在、日本は65歳以上の高齢化率が総人口の23%に達し、約4人に1人が高齢者という、世界でも類をみない高齢化大国です。
将来推計人口をみると、今後、長期の人口減少過程に入りますが、高齢者は増加する傾向にあり、2035年には高齢化率が33.7%に達し、 3人に1人が高齢者という超高齢化社会を迎えます。
高齢者人口の増加に伴い、高齢者単身世帯、夫婦世帯が急激に増加することが予測されています。
しかし、高齢者住宅は大幅に不足しており、高齢者人口に対する住宅の割合が0.9%しかありません。

そこで国土交通省は、2020年までにサービス付き住宅の割合を3~5%に高めるための施策として、高齢者住まい法を改正し、「サービス付き高齢者住宅制度」を創設しました。

高齢者が安心して暮らすことができる環境を整備するため、新築・改修に係る工事費について、国が補助金を交付しています。
このサービス付き高齢者向け住宅は、平たく申し上げると、高齢者向けの賃貸アパートに介護サービスが付いている環境です。
従来の有料老人ホーム契約のように高額入居料や多様な定義で分かりにくく敷居が 高くて入居出来る人、出来ない人が分けられるのではなく、通常の賃貸住宅とほぼ同じシステムに簡素化して入居希望される世帯の方々に等しく設定されているのが特徴です。

一般的な収入世帯の方であり仮に健康体であっても入居年齢に達していれば入居可能です。
こういった住宅の普及を国が促進して実施しているのが今の現状となっています。

  • ①高齢者の人口推移 高齢者人口は3186万人で過去最多総人口に占める割合は25.0%で過去最高となり、4人に1人が高齢者。
  • ②高齢化の推移と将来推計 2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上。


  • ③高齢者の家族と世帯 高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独」・「夫婦のみ」世帯が過半数。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県での土地有効活用はお任せください

ご相談・お問合せに関してはどんなことでも結構です。
お気軽にご相談ください。

登録会員様募集